OREO×BISCO×CHIROLな日々


OREOとBISCOとCHIROL、そして飼主夫婦の毎日を綴っています
by OREO0415
プロフィールを見る
画像一覧

アジリティレッスン初回 【527日目のOREO×229日目のBISCO】

昨日は初めてのアジリティレッスンに行ってきました
レッスンで学んだことを忘れないように、覚書き程度にまとめておこうと思います


アジリティ・ドッグとは

 agility:(動作の)敏捷さ、(思考・決断の)機敏さ

  単に犬の動きの早さだけではなく、犬の頭脳の鋭敏さをも求めるスポーツなのです。
  また、コンダクターである私たち人間側は、一緒に走りながら、犬のもつその俊敏性を
  正確にコントロールし、できるだけ早くかつ正確に完走させる役割を担っています。
  (相原智記氏『アジリティー・ドッグ入門』より抜粋)

 競技会では、一定のコースを走ってタイムおよび正確さを競います


■障害物の種類と名称
 
  ・ハードル
  ・ロングジャンプ
  ・壁/水道橋
  ・タイヤ
  ・テーブル
  ・ドッグウォーク*
  ・Aフレーム*
  ・シーソー*
  ・ハードトンネル
  ・ソフトトンネル
  ・スラローム

 <参考画像>
    ハードル 
d0078616_17111151.jpg

    ドッグウォーク
d0078616_1712287.jpg

    Aフレーム
d0078616_17123497.jpg

    ソフトトンネル
d0078616_1713368.jpg

    スラローム
d0078616_17132569.jpg

    ※過去ドッグランで遊んだ時のものです

■障害物の関連語句
  ・コンタクトゾーン→ *印がついている障害物の両端に設けられている一定のゾーン
               障害物の上り下りの際、最低限1本の脚がゾーンに触れていることが
               義務付けられている 

 <参考画像>
d0078616_17142330.jpg

   赤で色づけしたところが大雑把に言うとコンタクトゾーンです(もうちょっと広範囲かも…)
   競技会では障害物にきちんと色がついてます

■コマンド
  ・「ゴー」    コースを走る時やハードルを超えたりやタイヤをくぐったりする指示
  ・「アップ」   ドッグウォークやAフレームを登る時に障害物の名前と合わせて指示
            【例】「ウォークアップ!」、「Aアップ!」
  ・「タッチ」   コンタクトゾーンから最初の脚が地面に着地する指示
           (なんかちょっとニュアンスが違う…?うまく説明できません)
  ・「ハウス」   トンネル類に入る指示

  ※同じ内容を指示するコマンドにも色々な言い方があります
    競技会では全て日本語の方もいらっしゃいました


■レッスン内容

  初回だったので、リードをつけて下記の障害物をどれくらいできるかから始めました
  姉弟を飼主の左右両方につけての練習でした
  コースに出ると、右誘導と左誘導両方が必要になるからだそうです
  結果はこんな感じでした

  ・ハードル     一番低い位置のバーで問題なし
  ・ソフトトンネル  まっすぐだと問題なし、カーブさせると戻ってきてしまう
  ・Aフレーム    問題なし
  ・ドッグウォーク  問題なし
  ・タイヤ       固定されたタイヤに前脚をかけてジャンプ

  ドッグランで遊んでいた時にタイヤ以外はやったことがあったので、
  姉弟とも積極的に取り組んでました
 
  ハードル・Aフレーム・ドッグウォークは特に好きなようでした
  特に登る系の障害物はスピードが出過ぎてしまうので、
  今後の課題はスピードをコントロールしてコンタクトゾーンを飛ばさないよう
  気を付けることになりそうです

  ソフトトンネルはカーブさせると出口が見えず中が暗いのと
  雨上がりで濡れていて落ち葉ですべるのが特にBISCOはイヤだったみたいです
  何度も中ですっ転んで情けない顔をしてました
  OREOも最初はあまり乗り気でない感じだったんですが、
  途中でなんかスイッチが入ったようでショートトンネルだけでなく
  ロングトンネルにも果敢に挑んでました
  てか果敢すぎてこわいくらいよOREO…

  タイヤは本来は4箇所のチェーンで吊るされていて
  正確にホールの中心を飛び越えなければいけないんですが、
  最初から脚が触れると動く状態では怖いだろうというので固定して練習しました
  これはBISCOの方が上手でした
  OREOは警戒してタイヤに前脚をついてからでないと飛ぼうとしませんでした
  今回の障害物のなかでは一番難易度が高い感じがしました 


  次に単品の障害物で各コマンドの練習をしました
  声の調子や大きさ、タイミングなど犬に最もよく伝わるようにコマンドを出すには
  飼主も走ってるわけですし予想以上にむずかしいです
  見ていると、飼主の感覚より少し早めに出した方が
  犬が次の障害物の予想ができていいような気がしました
 

  最後に短いシークエンス(走行コース)でコマンドをかけながらの練習をしました
  ハードル×3→Aフレーム→ハードル×1→ソフトトンネルとか、
  ハードル×1→ドッグウォーク→ハードル×2→タイヤとかそんな感じです
  トンネルとタイヤは難しいのでコースのなかにどちらかしか組み込まれませんでした

 
  そんなこんなの個人レッスン1時間
  正直な感想は、「けっこうキツイ」
  日頃の運動不足を痛感です
  私たちのような初心者でもけっこう走り回るので、体力作りは必要不可欠ですね
 
  OREOとBISCOはリードにつながれてはいるものの、
  お遊び感覚でたくさん褒められるしご褒美はもらえるし先生は優しいしで
  すっごく楽しんでました
  初めてのものはそれなりに警戒するんですが、慣れてしまえばこっちのものという感じで
  終盤にはどの障害物にも進んで取り組んでましたよ
 
  今回はnaoはOREOと、yuuはBISCOとペアで練習しました
  OREOの方がオトナなだけにコマンドの意味などやらんとしていることを
  理解したうえで走ってるような印象を受けました
  BISCOは100%遊んでるって感じです
  はしゃぎ過ぎて練習の途中でリードを噛んだり転げまわったりしてました
 
  先生によると、OREOの方が気が強く積極的で、BISCOは足裏の感覚に敏感とのことです
  だから濡れたり落ち葉が積もってたトンネルを嫌がったんですって
  家では段ボールなんかで不安定な足場を作ってそこを通らせる練習が有効みたいです
  あと自主練習としてできることは、浮き輪かフラフープを使って
  タイヤの代わりに真ん中を飛ばせることだそうです

  次回必要なのは、練習で使うご褒美
  今回もクッキーを多めに持っていきましたが、全然足りませんでした
  肉をゆでたものやチーズなど、テンションのあがるものを沢山用意しないとダメだそうです
  あと、手に持つよりも袋などに入れて「袋=ご褒美」というイメージを作ると楽なんですって
  手に持ってると「遊びはお終い」「ハウスさせられる」と勘違いする場合があるからだそうです
 

  実は、家族のうち誰か1人でもレッスンが嫌そうだったりしたら
  次回の予約は見送ろうと思っていたんです
  でも今のところOREOもBISCOも楽しそうですし
  意外なところでnaoが「思ってたよりすっごく楽しい!」と連発してたので、
  「鉄は熱いうちに打て!」とばかりにレッスンチケットを購入して次の日曜にまた予約しました
  先生との相性がよかったのも決め手になったんです
  (昨年夏に通ったしつけ教室ではそこがダメだったので…)
  紹介して下さったしのちんさん、本当にありがとうございました!

  ということで長くなりましたが、とうとう我が家もこの世界に飛び込んでしまいました
  む~、どうなることやら…
d0078616_1819630.jpg

  yuu
[PR]
by OREO0415 | 2008-01-14 18:19 | agility
PROFILE

■名前:OREO
■犬種:ボストンテリア♀
■誕生日:06/4/15
■家に来た日:06/8/5
■体重:8.5kg
■あだ名:おったん、おっぽん、おれっくす、おれ
■メモ:ひと睨みで他の2頭をビビらせるこの家の独裁政治体制の首謀者
運動神経と反射神経は群を抜いている 
実は悲しい過去を背負っており余所のワンコとバイクを憎んでいるが、最近ではおとなしいワンコならば仲良くしてやっても良いと考えているらしい
ちなみに、バイクには何の罪もないことは当方で調査済みである


■名前:BISCO
■犬種:ボストンテリア♂
■誕生日:07/4/7
■家に来た日:07/5/29
■体重:9.5kg
■あだ名:びったん、びっちゃん、びすこってぃ
■メモ:女子に挟まれ、中間管理職サラリーマン風の哀愁を身に付け始めた唯一の男子
驚異のジャンプ力を誇り、女性の顔くらいまでなら垂直飛び可能
デリケートな皮膚の持ち主
naoの顔を舐めることが唯一のストレス解消法
飼主による爪切りを頑なに拒む頑固な一面も持ち合わせている


■名前:CHIROL
■犬種:ボストンテリア♀
■誕生日:08/11/6
■家に来た日:09/1/24
■体重:6.2kg
■あだ名:ちーちゃん、ちー、ちろりーた、ちーぽん
■メモ:OREOに憧れ、お転婆女子への道をひた走る末っ子
BISCOのことはナメきっているフシがあるが、彼女自身はBISCOのイトコである
外面が良くどこへ行っても1番人気であるがゆえに妬まれがち また、本犬もそれを自覚しておりOREOとBISCOを煽って楽しむことが多々あるが、たいていはヒドイ返り討ちにあい命からがら逃げ回ることになる
日々の鍛錬により、パピーとは思えないすばしこさを身に付けている

■名前:nao
■人種:日本人男性
■誕生日:78/9/10
■近況: お仕事がんばる勤勉リーマン 自他ともに認める恐妻家

■名前:yuu

■人種:日本人女性
■誕生日:78/9/10
■近況:3頭飼いに翻弄され、己の体力の低下に唖然とする日々 ブログ担当

naoyuu家にメール
こちらをクリック♪


ブログLINK
オレオレオ - I am oreo -
ボステリ☆Ramiro
fabgraphy!ボストンテリア・グラフィと福助の日々常々
KEME・MO~!!
ボストンテリア
【PANCH】の【パンチ】

ワイヤー「さくら」の
名犬レッスン

がるぐー日記
kabu☆og
ボステリ・ランディ&はる
四方山日記

★とわなるはる★
ムックぶひぶひ日記
bublog
S☆PI とぴっく
女☆の花道
ぶひ☆パラ
ちびボステリ ぴょんびっけ&美味しいもの日記
ニーガロ☆
2匹は仲良し?!★
アメリカンコッカー×
ビーグル&
ボストンテリア☆

a planet of toto  
アンズ・ポンズと遊ぼー♪
おむすび屋
ボステリ・ベッツン&アンリの宝箱
☆れんげ草☆
green*pocket's ☆ diary
開け~☆ゴマ!
ApiApi☆Happy
むーたん一家
メローブロッコ☆ ボストンテリア
ガブandルカ★もーれつ義兄妹犬日記
ちーこば。
で、でんとこまめ
Vivid Boo
カミカミ王子・その名はポルコ!
ぽちと生活 priceless
頑張れ!ブヒブヒめい

御用達SHOP
GREEN DOG
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧